気分でキャバドレスを着こなす|ミニ丈やロング丈を着こなす

女性

素材や着丈で変化をつける

レディー

キャバ嬢はドレスを着こなす必要があるので、日々いろいろなテイストの装いにチャレンジして外見に磨きをかけましょう。同じようなデザインばかり選ぶのではなく、着丈素材に変化をつけてドレスを選ぶことが大事です。

詳細を読む

異なる魅力を演出する

ウーマン

キャバクラで働く女性を、キャバ嬢と呼びその人々が着るドレスのことを、キャバドレスと呼んでいます。キャバドレスには様々な種類が存在しており、ミニ丈からミディアム丈、ロング丈と豊富なデザインとなっています。キャバ嬢は自分の好きなキャバドレスを身にまとい接客をこなしています。いわば制服のようなアイテムとなるドレスは、自分の個性を引き出す大事な役割を担っています。

キャバドレスにも流行がありますが、定番と呼ばれるデザインと両方持っておくことをオススメします。また、アイテムを使いわけることで、様々なテイストの装いを楽しむこともできます。ミニ丈のドレスを着こなす場合は、足やデコルテなどが露出することが予想されるので、しっかりとボディメイクも行ないましょう。ドレスを着用したあとに、ラメパウダーをはたいて肌にツヤを出せば華やかさも増します。

ロング丈のドレスを着こなす場合は、縦のラインを強調するような着こなしを意識すると良いでしょう。髪型も大きく盛ることで、ボリューム感が出せますし花飾りやティアラを装着すると、いつもと違った特別感を演出することができます。誕生日やイベントなどでは、このように多少派手なアレンジを加えても、浮くことがないので思いっきり楽しみましょう。ドレスに合わせて小物にも変化をつけることで、着こなしがマンネリ化することを防げます。サンダルやミュールはある程度の種類を保有しておき、コーディネートに合わせて持つことが大事です。

舞台でも映える色

女の人

演奏会で着用するドレスは、機能性やデザインの両方を兼ね備えた発表会ドレスにしましょう。強い照明の元でも負けない、華やかな色合いや素材感で勝負すれば、豪華な雰囲気となります。

詳細を読む

衣装を上品に着こなす

女性

演奏会ドレスは上品な雰囲気を意識して、露出度を控えめに着こなすことが大事です。着丈やデザインを比較しながら購入しましょう。レースやビジューなどの装飾が施されているデザインは舞台でも映えます。

詳細を読む